2人の小学生の子供と理系な夫と暮らしているHIROKOです。

 

猫ブームはとどまるところをところを知らず、

猫を飼ってみたいと思う人も少なくないはず。

 

しかし猫を初めて飼うにあたり、

いったいどれだけの費用が掛かるか、不安を感じているあなた。

 

定期的に掛かる費用から不定期に掛かる費用まで

今までたくさんの猫を飼ってきた私がお教えします!

 

定期的に掛かる費用

 

・フード代

まず猫を飼ううえで必ず掛かる費用と言えば、

みなさんもおわかりの通り、フード代があります。

 

昨今はペットフードも多種多様に揃っており、

様々なニーズに答えることができます。

 

まず大きく分けると、ドライフードとウェットフード。

 

もしも食べることに神経質じゃない猫ならば、ドライフードをおすすめします。

 

 

ドライフードの値段もピンからキリまでありますが、

とりあえず飼い主さんの懐事情で選べば良いと思います。

 

猫の健康を考えるなら、ピンのドライフードになるでしょう。

 

主成分は上質なたんぱく質、リンやナトリウムの量も考慮され、無添加。

長期的に与えることで猫の健康管理をしていけます。

 

 

例えば愛猫家に人気な「カナガン」のキャットフード。

1.5㎏で3960円と決してお安くはありません。

 

対して、ドラッグストアやホームセンター、スーパーで見かける一般的なキャットフード。

同じ量でもこちらは600円ほどで買えます。

 

 

これほど値段に開きがありますから、内容は大きく違うはず。

 

しかし、一般的なキャットフードを食べさせていたからと言って、

それが原因で早死にする訳ではありません。

 

高品質で高価なフードが売れる理由は、愛するが故、

良い物を食べさせてあげたいと思う親心?なのでしょう。

 

 

・猫用トイレ

猫と言えば砂のトイレ。

私はこれまで8匹の猫を飼った(同時ではない)ことがありますが、

不思議なもので、子猫の時に砂を敷いたトイレの場所を1回教えるだけで、

みんなすぐに覚えました。

 

習性なのでしょう。

 

 

さて、まずはトイレ本体。

最近は全自動洗浄トイレなるものまで出現し、価格も8万ほどします。

おったまげですね。

 

 

普通のなら2000円ほどで買えます。

 

ここで重要なのは、フード、砂落としがついているものを選ぶことです。

 

フードとは、トイレ自体が壁や屋根で囲まれたものです。

 

猫がトイレから出る時、肉球の隙間に挟まった砂を手足を振って飛ばします。

 

毎回トイレの周りに砂が飛び散るのを防いでくれます。

 

 

そして肝心の砂。鉱物、紙、木、シリカ、おから…様々なタイプがあります。

 

値段は5ℓ400円ほどから買えます。

私は全部試しました。

 

それで最終的に落ち着いたのは、「デオトイレ」でしたね。

 

これは砂がおしっこを吸って固まるタイプではなく、

砂の下にある引き出しに敷いたシートでおしっこを受け止めるタイプ。

 

 

これは本体も「デオトイレ」専用タイプを買うことが必要です。

 

砂も若干高めで、4ℓ900円ほど。

 

しかし1カ月間取り換え不要です。

 

シートも合わせて買わなくてはいけませんね。

 

 

・番外編 ペット保険

 

私は入っていませんでしたが、最近はペット保険も充実していますね。

 

ペットの医療費は保険が利かないので高額になります。

手術代は数十万に及ぶことも。

 

 

ほとんどのペット保険は掛け捨てで月に2000円ほど。

 

万が一に備えて入っておくのも一つの手です。

 

ただ、うちの猫たちは大体15年から17年で亡くなりましたが、

病院へ通うことになったのも亡くなる数か月前から1年にも満たないものでした。

 

すべて完全室内飼いでしたから、

事故に合うことがなかったのも大きいでしょう。

 

月2000円をペット貯金として万が一に備えれば、

使わない分は返ってくるのです。

 

個体の強さにもよるのでしょうが、考え方次第と言えそうですね。

 

不定期にかかる費用

 

・避妊、去勢手術代

飼い猫のほとんどが、避妊や去勢手術をしています。

 

外へ出す場合、万が一妊娠してしまわないように。

例え完全室内飼いでも、避妊によって卵巣がんなどの病気を防ぐことができますし、

発情期の雄叫びを防ぐ目的もあります。

 

一般的な費用は2万~3万円ほどです。

 

去勢は外での発情行為を防ぎ、精巣がんなどの病気の予防、

雄特有のスプレー行為(マーキングのためにおしっこをかける)を

防ぐことにもつながります。

 

一般的な費用は1万~2万円です。

 

・ワクチン代

犬は狂犬病の予防接種が義務付けられていますが、

猫に義務付けらた予防接種はありません。すべて任意になります。

 

 

一般的な予防接種として

 

  • 3種混合(猫ウイルス性鼻器官炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症)およそ3500~5000円。
  • 4種混合(上記+猫白血病ウイルス感染症)4500~6500円。
  • 5種混合(上記+クラミジア感染症)6000~7500円。

 

さらには7種混合まであります。

 

 

完全室内飼いでも、できれば3種混合は打っておいた方が良いかもしれません。

 

外へ自由に出入りする猫ならば、最低4種は必要かと思います。

これを、年に1回打ちます。

 

・キャリーバッグ

病院へ行く場合やどこかへ移動する時に、猫を入れるバッグです。

 

おすすめなのは、布製よりもプラスチックなどでできたタイプ。

 

ほとんどの猫がバッグへ入れられるのを嫌いますから、

布製はぐにゃぐにゃして入れ辛いので苦労します。

 

安いものなら2000円~あります。

 

・ゲージ

猫のゲージは犬用よりも少し凝っています。

 

高いところが好きな猫のために、ほとんどが最低でも2段になっています。

ですから値段も1万円~。おとなしい猫なら必要ないかもしれませんが、

若い猫ややんちゃな猫なら、

留守中の事故、いたずら防止のために用意することになるかもしれません。

 

 

・ケア用品

爪切り、グルーミング用ブラシなどのケア用品。

1000円ほどから揃っています。

 

 

まとめ

ペットを飼うということは、お金がかかるものです。

 

しかしそれ以上に、彼らが私たちに与えてくれるものは大きいはず。

責任を持って命を預かってくださいね!

 

猫を飼う前の心構えについて考えました

猫を飼うことで考えられるデメリットとは?不安を取り除くためにもお答えします。