2人の小学生の子供と理系な夫と暮らしているHIROKOです。

 

今、主婦の副業が話題になっていますよね。

では、いったいどんな副業があるのでしょうか?

 

今回は、家に居ながらできる副業について考えてみたいと思います。

 

私も副業をする主婦です。

私が副業を始めたきっかけ、どんな副業をしているか、

 

赤裸々に語っちゃいます!

 

家に居ながらできる仕事って?

・内職

 

昔から、主婦の副業の定番ですね!

実は私も1度だけやってみたんですが…

向き不向きがあるようで、私は5日で根を上げてしまいました。

 

 

私がやった内職は、確かアロマオイルの取り扱い説明書を

綺麗に折るというものでした。

 

ひたすら折る。

 

小さな紙だったので、それを何重にも折るとどうしても

端がズレてくるのですが、

なるべく丁寧にやらなくてははじかれてしまうんですね。

 

 

折った説明書を何枚か一組にして輪ゴムで止めて終了。

 

家には段ボールが積まれ、中身は底が見えない紙の束。

 

昼間息子が幼稚園に言っている間も、

夜息子が寝てからも、その作業に追われました。

 

この段ボールを終わらせて納品したらもう辞めよう…

私は早くも挫折したのです。

 

結局、どれほどの量だったか覚えていませんが、

500円の報酬を受け取りました。あれだけやって500円…。

 

内職とはそういうものなのでしょうが。

コツコツと、地道に単調な作業も苦にならない方向けでしょうね。

 

・ネットオークション

 

不要になった物をオークションサイトで販売します。

上級者は、自分で仕入れ、転売をしてガンガン稼ぐんだとか。

 

・アフェリエイト

 

昨今ブログを書いている方も多いですが、

そこに広告を貼り付けて、ブログを訪れた人が

広告をクリックしたり、またその商品を買った場合に、

広告の企業から報酬が支払われる仕組みです。

 

・クラウドソーシング

 

聞いたことはあるけど、実際よくわからない…

という方が多いかと思います。

 

ネットで様々な人に、業務を外注することを

クラウドソーシングと言います。

 

その、様々な人というのが、

副業を考えている私たちにあたります。

 

 

Webサイトの制作や、アプリ開発、ロゴの制作、

記事作成と、様々な仕事がありますが、

かくいう私も、クラウドソーシングで記事作成の仕事を始めたのでした。

 

クラウドソーシングとの出会い

実は私、クラウドソーシングなるものを知ったのは

8ヵ月ほど前でした。

 

下の子も小学2年生になり、

そろそろパートでも始めようか…

 

そして飲食店のランチタイムのパートに出ることにしました。

 

無事面接に受かり、パートで忙しくなるなぁ…

働くのも久しぶりだし、慣れるまでは家事に支障が出ちゃうかも…

なんて心配をしたのですが!

 

希望は通らずシフトは週に2、3日。

 

心配は杞憂に終わり、思った以上に暇を持て余したおかげか、

全く家事に支障が出ることはありませんでした…。

 

そんな時に、ふとスマホで「副業」と調べ、

そこで私はクラウドソーシングなるものを知ったのです。

 

思い切って飛び込んでみる!

記事作成…これならできそうだ。

 

 

小中学校の時、夏休みの読書感想文毎回選ばれたじゃないか!

 

選択科目で迷わず「小論文」を選んだじゃないか!

 

昔、彼との相性を見てもらおうと入った占いの店で、

「文章を書く能力に優れてるから、将来小説家になりなさい!」

と言われたじゃないか!

 

 

勇気が持てず、サイトに登録すらできないまま数日が経ち、

私は布団の中でそうやって自分を鼓舞したのでした。

 

 

まずはタスク作業から始めました。

 

タスクとは、単価は安いですが

誰でもすぐに取り掛かれる簡単な作業です。

 

挑戦したい人全員が、チャレンジできるのがタスク作業。

門戸が広いのですね。

 

例えば、ちょっとした100文字くらいの日記的なものなら、

100円以内が相場ではないでしょうか?

 

書いた内容を、クライアントさんが合否の判断をして、

採用されて初めて報酬が支払われます。

 

しかしタスクの場合、応募者全員合格!

というクライアントさんもいらしゃいます。

 

そして、あるタスク作業のクライアント様から興味を持っていただき、

もう2~3個記事を書いてみて欲しいと連絡がきました。

 

初めての契約

 

記事の内容は、様々な内容を、

自分勝手にランキング形式で紹介するものでした。

 

その後、専属ライターとして契約を交わし、

100本の記事を書く運びとなりました。

 

記事は、写真もアップして1500文字程度の文章を書くこと。

 

記事1本の単価は、タスクでの報酬は350円でしたが、

契約を結ぶと800円になりました。

 

とは言っても、ランキングに使う物をあちこちから調べ上げて、

さらに無理やり関連付けてランキングを点ける訳ですから、

内容も練りに練らなくてはいけません。

 

 

まっさらな状態からひとつの記事を完成させるまで、

平均3~4時間はかかります。

 

サクサクと、日に何本も書けるような記事ではありませんでした。

 

締め切りは、パートをしている私の都合に合わせて

書いてくれればいいとのことで、

納期はあえて決めずにということでした。

 

初めのころは2週間で10本のペースでやらせていただきました。

 

編集部の方とのやり取りの中で、次第に信頼関係も築かれていきました。

 

パートと副業

 

ランチタイムのパートを始めて半年を過ぎた頃、

スタッフが同時に3人も辞めてしまうという事態が起き、

私は週5で出勤しなくていけなくなりました。

 

 

息子、娘が次々とインフルエンザにかかった時も、

主人が休みを取ってくれ、私はパートに行きました。

 

 

その後私もインフルエンザにかかったのですが、

マスクをして来てくれということでした。

 

 

息子と娘の時に休ませてくれなかった怒りもあって、

もう感染しても知らんからなっ!

というやけっぱちの気持ちで、

40度の熱を解熱剤で39度まで下げて出勤しました。

 

 

主人が怒ってしまい、

 

明日にでも辞めろ!と言いいますが、

 

そんな訳にもいかず(もうストレスで蕁麻疹まで出る始末)

とりあえずその月いっぱいで辞める運びとなりました。

 

 

週5出勤の際は、パートと執筆作業の両立は、

はっきり言って大変でした。

 

執筆作業による睡眠不足にもなりますから、

副業として考えるのならば、あまり欲張らないほうが良いかと思います。

 

 

パートを辞めてからは、記事のペースをあげ、

1週間に10本書きました。

 

 

そのクライアントさんの仕事だけだと、

月に3万円近く稼げたと思います。

 

 

私としては、パートの仕事は

お金をもらうためにやるという意味合いが大きかったのですが、

 

ライティングの仕事は好きなことをして、

しかもお金がもらえる、という意味合いが大きいです。

 

だから苦にならない(笑)

 

軌道に乗る

 

こうして、私の副業は軌道に乗り始めたのです。

 

実績ができてくると、スカウトも来たり

プロジェクト形式の仕事も取りやすくなります。

 

プロジェクトとは、

 

募集に対してこちらから応募をし

(面接のようなもので、

過去の実績やアピールポイントを紹介して自分を売り込む)

 

そこで採用されたらテスト記事を書く運びとなります。

テスト記事が良ければ採用という流れ。

 

 

そのうち、記事を見て

報酬を上げてくれるクライアントさんも出てきました。

 

 

クラウドソーシングで記事を書く仕事は、

 

最も安いタスク作業の記事が、

1本数十円(その分文字数も少なく100文字程度)から、

 

 

プロジェクト形式だと1本2500円くらい

(文字数多くだいたい3000文字以上~)まで報酬も記事の内容も様々です。

 

 

確かに高い案件は、クライアントさんも

それだけの報酬に見合った内容を求めますから、

実績、経験がものを言うようで、

最初はなかなか受けることができないと思います。

 

 

まずはタスク作業から、実績を作りつつ

高単価の仕事へとシフトしていけばいいのではないでしょうか。

 

クラウドソーシングのメリット、デメリット

 

クラウドソーシングの仕事は家でできるので、

面倒な人間関係もありませんし、

お子さんが居る場合は色々と好都合です。

 

自分で予定を立てられますから、

時間もうまく使えます。

 

 

しかし、ライティングの場合は締め切りもあるので、

常に記事の進行具合を気にかけていなくていけないし、

 

少し空いた時間を見つけてはパソコンを開くので、

オンとオフの切り替えが難しいかと思います。

 

 

何時~何時まで仕事をする、土日はやらない等、

自分の中で規則を作っている方も多いようですね。

 

私はふと思いついた時に、書きたい時に書きたいので、

子どもがテレビを見ているのを横目に、

ダイニングテーブルで書いたりもしています。

 

クラウドソーシングで重要なこと

 

クラウドソーシングは、顔が見えない相手との

やり取りですから、何より評価が重要となります。

 

納期は守れたか、レスポンスの良さはどうか、

 

様々な要素を評価されて、それが自分を表す指標となりますから、

クライアントさんもまずはそこを重要視されるかと思います。

 

その評価を上げるも下げるも自分次第です。

誠実な仕事をすれば、おのずと評価もついてくるかと思います。

 

 

私自身、途中でやっぱり書けない!

なんてことがないように、自分が興味あること、

得意な分野を吟味して仕事に応募しています。

 

まとめ

 

・今回取り上げた他にも・・・

株やFX、ハンドメイド販売など副業の種類は豊富です。

 

きっと、自分に合った副業があるはずです!

 

・クラウドソーシングがどんなものか?

これでイメージがつかめたんじゃないでしょうか?

 

ネットを活用した仕事によって、家でできる副業は無限大です。

 

・思い切って飛び込んでみる!

 

何を始めるにも、最初は誰もが躊躇するものです。

何がきっかけで道が開けるかわかりません。

 

チャレンジしてこそなのです!

 

副業を始めようかどうしようか、悩んでる主婦のみなさん。

 

私も8ヵ月前まではみなさんと同じでした。

 

でも今は、記事を書いてお金を稼ぐ主婦です。

 

まず一歩踏み出してみた結果、

パートのように時間に縛られず子供とも過ごせて、楽しく働けています!

 

 

 

 

ウチの夫のお小遣いの話です

夫のお小遣い事情。足りてる?足りない?使い道は?